何?

何?:表紙.jpg
Amazon Kindleストアにて発売中!

http://www.amazon.co.jp/dp/B00IQY0ILS

団地という〈記憶を抹殺する流刑地のような場所〉での日常

「いったい自分は何ものであるのか、何ものたらんと欲しているのだろう」――。会社を辞め職安に通う37歳の〈男〉は、東京郊外の3DKの団地に暮らしている。結婚して10年で10キログラムも太った妻は断食を試み、戦後生まれの二人の子供たちは飢えを知らない。〈男〉も戦中戦後の飢えの記憶がすでに失われ、ふしぎな不安に襲われる。団地という〈記憶を抹殺する流刑地のような場所〉での日常を描いた中編小説。「季刊芸術」1970年春季号に発表。単行本『何?』に所収。

#作品紹介短編小説

Recent Posts