カフカの迷宮 悪夢の方法

カフカの迷宮:表紙.jpg

Amazon Kindleストアで発売中!

http://www.amazon.co.jp/dp/B00TVQPOVO

ザムザが変身した虫のは楕円形のゴキブリである

カフカの小説を読むたびに、その世界が増殖していく。もちろんカフカの小説、テキストが増殖するわけではない。増殖するのは、わたしの中のカフカ世界だ——。小説とは「あらゆるジャンルとの混血=分裂によって無限に自己増殖する超ジャンルである」と定義し、『変身』『審判』『判決』『万里の長城』などの作品をアミダアクジ式に脱線しながら読み解いていく、エッセイ風カフカ論。1987年3月、岩波書店より刊行。

◉目次

第1章:認識の迷宮あるいは方法としての悪夢

第2章:「ズレ」と「笑い」の拡大装置

第3章:変身

第4章:カフカ言語

第5章:万里の長城

第6章:不可知への回路


Recent Posts